腰からおしり、太ももにかけての鈍痛や重だるさは・・・

坐骨神経痛は、症状のことなので原因は様々ですが、比較的初期のケースについて書きます。

椅子に座っている時や寝ている時片側のお尻や太ももの痛みやだるさがある場合。

原因は、腰にあることが多いです。

お尻や太ももがつらいからといって、つらい場所を揉んでも治りません叫び

腰の下の方から足に向かって出ている、坐骨神経という神経の出口の筋肉が悪さをしていることが多いので、そこを治療すると治ります。

原因の場所は、深い場所にあるので、深い場所の筋肉をきちんと良い状態にすることが大切です。

筋肉は横から見ると、ミルフィーユの層のようになっているので、外側からグーっと押すだけでは、奥の方の筋肉までは絶対に届きません。

ゆらうみの治療では、多くの方は1回~3回で多い方でも5回位で坐骨神経痛の治療は終わります。

比較的初期の状態であれば、鍼治療をしなくても治ります。

なかなか治らない方は、ぜひお越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加