朝起きた時からのだるさからさようなら!
1日中元気で動けるからだに!
疲れても眠れまば回復出来るからだに!

ゆらうみの施術は、皆さまが今まで受けてきた施術方法とはまったく違います。
肩の治療というとベッドの上にうつ伏せになって肩の凝っている所を押したり、または揉んだりするイメージが強いと思います。
肩こりは単にマッサージをするだけではなかなか改善されません。ゆらうみのPCTS治療は、蓄積した披露に起因する筋肉を細かく動かしたり、ストレッチを取り入れた治療方法です。

施術直後から大きな変化を感じると多くの方から評価をいただいております。

ゆらうみの治療の特徴

1.徹底した原因の追求
2.他院にはない手技治療(PCTS)
3.鍼灸治療
4.姿勢の確認(カウンセリング)
5.ご自身で出来るストレッチの提案

1.徹底した原因の追求

なぜ全身疲労が続いてしまうのか、睡眠時間は十分か、姿勢に問題はないか、日常生活のスタイルなどをお聞きして慢性疲労の原因を徹底的に追求いたします。
生活スタイルは、なかなか変えることは難しいですが、原因がわかれば少しの対策をすることで、睡眠の質を高めて疲れが溜まっていく状態から、寝れば回復するという良い循環に変わることは難しいことではありません。

2.他院にはない手技治療(PCTS)

すべてとは言い切れませんが、疲労が蓄積してしまう原因は全身の血行不良によるものです。事実、全身疲労を感じている方の多くは、首や肩こり、背中や腰の痛み、下半身の冷えなど感じています。体の回復に血液はとても重要です。首や肩、腰だけでなく指先、足先への毛細血管にいたるまでの血行を徹底的に促していきます。血液の流れが良くなることでもともとご自身がお持ちの全身の回復力を高めます。
当院で行うPCTS施術は、仰向けで行います。施術を受けている方は、体をゆらゆらと揺らされながら、全身に血液が巡っている感覚を味わうことができるはずです。施術を受けている時に、体が良くなっていくということを実感しながら受けるということは、とても重要なことだと当院では考えております。

3.鍼灸治療

当院のPCTS治療は深部の筋肉の血流を促進させて元の良い状態に戻すことを目的として行いますが、体が疲れ過ぎていると、交感神経と副交感神経のバランスが上手くいっていない時があります。例えば、食事を食べた後に胃腸の調子が悪い、疲れて早く寝たいけど、なかなか寝付けないなどは本来、副交感神経が働くべきタイミングで上手く働かない時に起こります。自律神経の働きを正常の働きに戻すのに鍼灸治療はとても効果的です。

4.姿勢の確認(カウンセリング)

治療後の筋肉の状態、左右の肩や骨盤の高さや首の傾き、姿勢の変化を確認いたします。ご自身で気がつかないうちに歪みが出ている場合もあります、姿勢の変化にご自身で気がつくことが出来れば、疲れていることの気づきや腰痛などの予防も出来ます。
また、仕事上の姿勢や日常生活時に気をつけた方が良いことなどを提案いたします。

5.ご自身でできるストレッチの提案

せっかく不快な思いから解放されたのなら、出来るだけ良い状態を継続したいと思うのが普通です。
治療によって良い状態になった体を維持していただくために、必要であればストレッチを提案いたします。
また、普段ご自身で行っている、トレーニングやストレッチに対する疑問や正しい方法も合わせてご相談ください。

以上5つのアプローチであなたのつらい症状に向き合い、あなたの症状がらくになるまでしっかりと施術をしていきます。
そして、「楽になった」「来てよかった」の声がゆらうみスタッフ全員の励みです。患者さまとのコミュニケーションはスタッフ全員の喜びです。

喜びを共有したい!このような想いで皆様のお役に立てるゆらうみでありたいと思っています。

鍼は状況に応じてする場合としない場合があり、必ず行うものではありません。 治療をお受けになる期間や間隔の目安についてですが、初診から3回目までは、3日~1週間の間隔で治療を行います。3回目の時点で、その後の治療の間隔がわかります。約2週間から1カ月に一度程度の通院が目安となります。

 align=

〒113−0022
東京都文京区千駄木3−39−1
ご予約のお電話:03-5685-6877
メールでのご予約:メール予約ページ
東京メトロ千代田線 千駄木駅徒歩2分
JR 山手線 日暮里駅 徒歩8分